北日本新聞・ノーベル物理学賞と弊社製造のカミオカンデ

2人のノーベル賞受賞者を生んだ岐阜県飛騨市神岡町でのニュートリノ研究の施設に、富山のものづくり技術が貢献していた。ノーベル物理学賞に決まった梶田隆章・東京大宇宙線研究所長が実験した観測装置「スーパーカミオカンデ」の前身「カミオカンデ」の地下タンクは、産業機械製造の北陸精機(魚津市道坂、谷口直樹社長)が造ったものだ。カミオカンデは小柴昌俊東京大特別栄誉教授がニュートリノ観測に用い、ノーベル物理学賞につながった。
カミオカンデは神岡鉱山跡の地下千メートルに造られた。水3千トンを張った円筒形タンクの内側に光センサーを設置し、ニュートリノが水とぶつかったときに出る光を捉える。
タンクは高さ40メートルで、1983年に完成した。トンネルで材料を運び、技術者10人が曲面加工や溶接を行って水圧に耐えるタンクを造った。現場監督を務めた同社の谷口貞夫会長(77)は「工事には3年かかった。現場は真っ暗でガスが出る可能性もあり、安全には普段の3、4倍気を使った」と振り返る。
カミオカンデと、梶田さんが実験で成果を挙げたその後のスーパーカミオカンデにより、神岡はニュートリノ研究で世界の中心地となった。谷口会長は「技術が認められ、ノーベル賞の研究に関われたことをうれしく思う。宇宙線研究は神岡でさらに発展していくだろう」と話している。




大型CNC三次元測定機導入

大型CNC三次元測定機導入

CNC三次元測定機導入の必然性

大型重量部品精度を保証するため、2015年より「ミツトヨ大型CNC三次元測定機Crysta-Apex C 203016」を導入稼働致しました。ハウジング部品だけでなく特に大型高速回転部品等の駆動系に要求される高精細な精度をさらに高め、品質保証体制強化を目指します。
大型重量部品に於いても、振動・騒音・熱変化の減少が求められています。そのため多軸工作機械による複雑な曲面を有する部品加工が極限まで進化しています。それに伴う品質保証の確立こそが「ものづくり日本」の要だと胸に刻んでまいりました。加工技術だけでなく熟練を要求される測定手法にも高速化と安定した標準化をさらに究めコストダウンを図ります。
CNC三次元測定機ではCADデータを活用し、部品形状によっては非接触測定が可能なため、理想的な検証ができるようになりました。品質を保証するだけでなく社内資料のトレーサビリティ拡充を目指します。

CNC三次元測定機設置環境の確立

大型CNC三次元測定機導入

CNC三次元測定機は温度管理を徹底させた専用室で稼働させています。安定した測定環境構築により信頼性の高い数値保証を実現しています。また、複雑な三次元測定は専用ソフトウェアによる解析支援システムが完備しており、製品と共にわかりやすい保証データを提供できるようになりました。充実した品質保証で適切な部品供給をより向上させていきます。